さくらの里で、早咲き大島桜がほころび、いよいよ桜の博覧会が始まります!

大室山麓さくらの里では、早咲き大島桜が早くもほころび始めました。(2010年3月3日撮影)

開花寸前の早咲き大島桜

さくらの里の桜の博覧会の本格的な始まりを告げる代表的な品種、早咲き大島桜がほころび始めました。大きな樹ですので開花すると園内がパッと明るくなってきます。

駐車場側の早咲き大島桜の大樹  リフト側入口の早咲き大島桜と菜の花  ほころんだ早咲き大島桜

河津桜は、満開から葉が出てきた状態ですが、見頃は続いています。

園内の河津桜。ちょっと葉が出てきました。  河津桜の花  駐車場の河津桜

寒桜はピークがすぎ、葉が目立ってきました。

葉が目立ってきた寒桜  大室山としだれ梅。今年は山焼きが遅れています。  遊歩道の河津桜:ちょっと葉が出てきました。 

まだ大室山山焼きは終わってませんが、季節はどんどんすすみ、いよいよ本格的なさくらの里の季節がやってきます。

これから咲いてくる桜については、さくらの里で咲く桜の種類 をご参考ください。

大室山を背景に、自然が演出する桜の博覧会は5月まで続きます。今年も心ゆくまでお楽しみください。

今年から園内では、さくらの案内人がお待ちしておりますので、お気軽にお声をかけてください。新しい発見があるかも知れません。

交通アクセス:東海バス・シャボテン公園下車徒歩約10分。駐車場有

場所は、伊東マップ・自然と公園・さくらの里 をご参考ください。