みかんの花が咲いています!

伊東市内のみかん狩り園では、みかんの花が咲いて、園内に甘い香りが漂っています。(2013年5月7日撮影)

みかんの花を見たことありますか?

下の写真は、温州みかんの早生で、例年より早いそうで、現在8分咲き位になっています。

mikanunshu130507-2

次は、甘夏です。実をつけたまま、花を咲かせています。

mikanamanatsu130507-2 mikanamanatsu130507-3

こちらはスイートスプリングという珍しい種類で、名前の通り「甘い」とのことです。(残念ながら、まだ口にいれたことがありません・・・)

mikansweet130507-4 mikansweet130507-2

よく見るとミカンの種類によって、花の大きさ・形に違いがありました。
温州早生・・・花弁は甘夏に比べて小さく薄い(シャープな印象)
甘夏・・・花弁は大きく厚い
スイートスプリング・・・甘夏より小ぶりの花、丸い可愛い感じ
こんな感じですが、どうでしょうか?
実際にご覧になって観察してみてください。

こちらの花はレモンです。初めて見ました。
つぼみは紫色も混じっていて、開いた花は少しピンクっぽい感じです。

mikanlemon130507-2 mikanlemon130507-4

このように市内のみかん狩り園では、色々なみかんが花盛りです。
まだつぼみの樹もありますので、5月下旬までは見頃が続きそうです。お見逃しなく!
参考:これまでのみかんの花

甘夏みかんがまだ実っていますので、お花見甘夏狩りをあわせてお楽しみください。

園内でこんな草を見かけました。ナギナタガヤというそうです。
草生栽培というやり方で、暑さから地表面を保護したり、地力を増進したり、様々な効果があるとのことです。

色々な工夫があって、おいしいみかんが実るわけですね。

mikankaya130507-1

みかん狩り園の詳しいことは、こちら をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで「みかんの花が咲いている  思い出の道 丘の道  はるかに見える 青い海  お船がとおく かすんでる」と広く歌われている童謡の名作「みかんの花咲く丘」が、伊東を舞台に誕生したのはご存知でしたか?

実は終戦直後の昭和21年8月24日に、翌日の伊東西国民学校(現在の伊東市立西小学校)とNHKのスタジオとを結ぶラジオ二元放送「空の劇場」で、川田正子さんが歌うために作詞家加藤省吾氏・作曲家海沼実氏によって作られたものだったのです。(詳しくは、伊東の歴史と文化・みかんの花咲く丘をご覧ください。)

1 thought on “みかんの花が咲いています!

  1.  

    拡散文書

    【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

    創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪諜報、スパイ)

    学会員は頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証)にヤられてると思ってます

    災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に励むので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます

    財務(お布施)に関しても、学会活動に励んだら病状が良くなるので、数百万、何千万円ものお布施をする信者がたくさんいます

    Alが作った病気をAlが弱めて、あたかも病状が良くなったかのように見せかけ、莫大なお布施をさせてます

    10年前の創価の財務が年間2,500億円(無税)、1日あたり6億8,500万円

    資産が10兆円超え、かつて世界1位の企業だったトヨタですら敵わない資産額

    詐欺国の米国が、軍事技術でイカサマして集めたお金です

    各地に甚大な被害を与えてきた台風や地震は、京大が気象兵器HAARPで作り出したもんです

    京大教授の内部告発で、MUレーダーとケムトレイルの組み合わせによって、台風や地震等の人工災害を作り上げてた事が、最近判明されました

    「京都大学、HAARP」で検索すると出てきます

    台風も地震も、米国が仕掛けてるAIが京大を操作して、攻撃させてます

    蚊を操って刺させたり、北朝鮮を操ってミサイルを発射させるのと同じ、第三者を介しての攻撃手法です

    頭痛、腹痛、腰痛等の痛み全般、ワキガ等の悪臭、うつ病、認知症、統合失調症等の病気全般、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使った軍事技術で、秘密裏に作り出してます

    AIを用したレジ不要のコンビニ

    このコンビニは、人の動き、音声、商品棚の重さ等をAIが調べて、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが不要

    この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の言動を、1秒たりとも見逃さずに、1度に管理出来るって事です

    このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を24時間365日体制で監視して、学会員や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えてます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を監視して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです

    重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等

    相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにヤります

    【この地球規模犯罪を総括してるのは米国防総省】

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用もここがしてます

    地球上の全ての人を管理してるAlを使って諜報活動するNSA(スパイ、政府機関)も、米国防総省の管轄なので、この犯罪は米国による国家犯罪

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように工作します

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集ストは、AIが被害者の周りの人に周波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです

    いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的な痛手を負わせてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます

    例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます

    これと同じように、周波数を変える事で、意識操作や精神疾患を作り出せます

    蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです

    逆にいうと、虫ですら周波で操作が可能

    家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

    27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます

    それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます

    これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せます

    波動(周波)は目に見えないので証拠が残りません、だからやりたい放題やるわけです

    国が関わって、波動が見えるメガネやアプリ等を出して、波動の見える化が進めば証拠が残せるので、この犯罪は確実に無くなります

    創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これもAIが火元を消し忘れさせたりしてやります

    北野武氏が、創価の本尊に落書きした後バイク事故に遭いましたけど、あれもクソダニ米国のAIの仕業です

    地球上の全ての人を、24時間365日体制で管理してるからこそ出来る芸当です

    https://shinkamigo.wordpress.com

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です